HOME >> 歯科インプラントとは >> 注意点をホワイトニングを受ける患者さんに警告していく・

注意点をホワイトニングを受ける患者さんに警告していく・

img18

 

口の歯の深い位置での変色いわゆるテトラサイクリン

抗生物質によるものはホワイトニングでも気をつけており、

エナメル質の欠損した歯などは、

歯のホワイトニング効果が期待できない場合とくにあります。

 

そういった中で、歯の歯石や歯ぐきに炎症がある時には、

 すぐにホワイトニング治療を行えない場合が特にあります。

 

そうして、歯を白くするために、成城 ホワイトニングでも

そうなのですが、家庭用の漂白剤口にいれることが

出来ないので、絶対に使用しないで欲しいです。

 

そして、妊娠中または授乳中の女性のかたは、

ホワイトニングでも行わないでください。

 

口のソフトトレーを付けている時は、飲食、喫煙は

十分に控えてください。

 

口のホワイトニング終了後、3時間以内は

色の濃いコーヒー等の飲食物は控えていただかないと

後戻りしてしまうこともあります。

 

口の酸性の強い食物や色の濃いジュースは、

ホワイトニングでもそうなのですが歯の過敏性

いわゆるヒリヒリする、痛みの原因になる事があるのでお控え下さい。


インプラントとは何? 矯正歯科の歯医者のひとり言へようこそ!このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。