HOME >> 歯科インプラントとは >> 噛みあわせで矯正歯科では食べ物の消化を助ける・

噛みあわせで矯正歯科では食べ物の消化を助ける・

img22

 

もちろん、意識しなくても患者さん自身も口を閉じて

自然な様子で鼻呼吸をするようになったので、

矯正歯科でも今までに感じていたような

不快感が全くなくなったとお話してくれました。

 

まさか歯並びが治るとは思っていなかったので

その患者さんは本当に驚きかれていました。

 

 さらに、また、同じ様に寝ている時にとても

歯ぎしりをするような癖と、そしてたまにグーッと

歯を強く噛み込むような癖があったのですが、

成城学園前 矯正歯科などで矯正治療を

始めたくらいからその症状は

全くしなくなったように思われます。

 

それは、今思うと昔から患者さん自身が

実感していたのですが、胃腸がとても弱く、

消化不良を起こしやすく、矯正歯科でも

お話されていたようなのですが、便秘症で

不快なとても思いをよくしていたのですが、

実は最近は全くなくなったこともこれは

日々実感しています。

 

これも歯並びの不正咬合が治り、歯の噛み合わせが

良くなったことで、矯正歯科でも喜ばしいのですが

食べ物をきちんとしっかりと噛めるようになり、

体に消化も良くなったからだと思うのです。


インプラントとは何? 矯正歯科の歯医者のひとり言へようこそ!このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。