HOME >> 歯科インプラントとは >> 環境づくりが喜多見 歯科の歯医者で患者さんを癒す要素・

環境づくりが喜多見 歯科の歯医者で患者さんを癒す要素・

img50

 

1本の歯間ブラシで磨くとしたらどれぐらい使えるのでしょうか。

 

それは、 お使いになる歯がないの部位数や磨く頻度によって異なります。

 

大体ブラシの毛先が傷んだり、歯ブラシの先端のワイヤーが

曲がってしまったら、歯ブラシを早めに交換してください。

 

歯がない方でも安心できる医療をめざしています。

 

開業以来、歯がない患者さんにも安心して歯の治療を

受けられることを第一に考えて治療に取り組んでいます。

 

 皆さんが考える患者さんの話をとことん聞いて話して、

納得できるような治療を行っているのです。

 

患者さんとの親しみやすさも重点的に考えています。

この喜多見 歯科にある歯医者の信念としては、何よりも歯がない

患者さんでも歯医者らしくない雰囲気をしっかりとした

モットー にしています。

 

勤めている スタッフは経験が豊富なベテラン 揃い、

患者さんがこんなこと聞いても いいのかな?と

思うようなことでもまったく遠慮 なく相談できる環境づくりを

心がけています 。

 

中には人生相談をされる方も数多くいらっしゃいます。


インプラントとは何? 矯正歯科の歯医者のひとり言へようこそ!このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。